伝えたい心に残る言葉

2017年5月12日
by bunbun
0 comments

人生とは、その時々に自然に変化し、移りゆくものです。

人生とは、

その時々に自然に変化し、

移りゆくものです。

変化に抵抗してはなりません。

それは悲しみを招くだけです。



- 老子 -


大人になるまでの変化は楽しいもの。
結婚してからも子どもを持ち
その成長を心から楽しませてもらった。
ここに来て、夫婦二人の生活
変化といえば老いを受け止めること
それでもお互いにやりたいことに目を向け
その時間を尊重する。
まだまだ、やりたいこと、体験したいことが
山積みで行列をしている。
これからも移りゆく自分自身の変化を楽しむことにしよう

Print Friendly

2017年5月8日
by bunbun
0 comments

言葉が足りないのは本を読まないから。美しい言葉に触れ素敵な表現を自分の中にストックする。意思の疎通は言葉ありき。

言葉が足りないのは本を読まないから。美しい言葉に触れ素敵な表現を自分の中にストックする。意思の疎通は言葉ありき。



美輪明宏




5月5日で結婚27年目

普通に標準的な家族関係
お互いの
小さな心のささくれもそっとして
見守るか尋ねるか、
その選択は常に会話をして
気持ちを通じあわせておく事が大切と思う。

お互いに素敵な言葉の引出しを持ち
人を傷つける言葉、揶揄する言葉を使わず、
いつまでも尊敬する気持ちで持っていたい

Print Friendly

2017年4月28日
by bunbun
0 comments

子供は親の言うことはきかないが、親のする通りにはするものです。親の生き方こそ子供にとって最高の教材です

子供は親の言うことはきかないが、親のする通りにはするものです。親の生き方こそ子供にとって最高の教材です



ジョセフ・マーフィー



           



親と言う漢字は

木の上に立って見ると書きます。

木の上に登らないと見えない所から

黙って見守る 、大昔から親とはそんな存在なのでしょうか

これって辛抱が必要です。




成人した娘たちのこれからは

今までの教育の結果が出てくるはずと

自分でも納得して突き放しているつもり。




しかし、やはり、

黙って黙って木の上に登り何とか様子をうかがっているんだよな~

Print Friendly

2017年4月21日
by bunbun
0 comments

一生懸命だと、知恵が出る。中途半端だと、愚痴が出る。いい加減だと、言い訳が出る。

一生懸命だと、知恵が出る。
中途半端だと、愚痴が出る。
いい加減だと、言い訳が出る。





武田信玄



1年間、チクチクと刺し続けた刺繍の作品が
たくさんの人の目に触れ
そして、全く私を知らない方が出来上がった作品を
気に入って何点か、買って貰えた。
私が色を選び デザインを考え作り上げたものに対して
評価してもらえたことが大きく気持ちを揺さぶります。
共感してもらってありがとう
求めて貰って感謝
生活の切れ切れの時間に没頭して作り上げた
貴重なものだけど、認めてもらえたことが何よりもうれしい。
一生懸命だと時間の経つことも忘れ、頑張ってしまう・・・
愚痴ったり言い訳しない作品作りが私のモット-です。

Print Friendly

2017年4月7日
by bunbun
0 comments

明日ありと思う心の仇桜

明日ありと思う心の仇桜

           



今年は例年になく肌寒い春
なかなか桜が満開とはいかない。
明日は満開だろうか
もしや一晩で葉桜になってないだろうか
恐る恐る公園の桜に目をやる。

桜は儚いもの
桜だけでない。明日も普段通りに当然
やってくるものではない。。
桜を見上げながら美しさと儚さを感じる春です。

Print Friendly

2017年3月10日
by bunbun
0 comments

二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た。

二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た。



フレデリック・ラングブリッジ(アイルランド)




二人の囚人は同じ境遇に置かれていたのに
見る視点は違っていました。
私だったら星を見上げるのだろうか
どんな状況に置かれても
希望を持って空を見上げる私でありたい。

Print Friendly

2017年3月3日
by bunbun
0 comments

どんな人とも付き合う。あれ嫌い、これ嫌いと言ったら仕事にならない  

どんな人とも付き合う。あれ嫌い、これ嫌いと言ったら仕事にならない 



                      マルチョン名言集より




そろそろ新卒者入社の季節

かつて、私の入社は3月中旬という早期入社だった。

入社・研修前に入社して 何もわからず

右往左往の毎日だった。怖い先輩も嫌な上司もいた

ただ、その中である上司から言われた一言

苦手だ、嫌だと思っても 何かその人の良いところを見つけて

そこだけを見て付き合うことはできる

囲われた環境の中では、そんな意識を持って仕事をすることも

大切なこと。

賢くふるまう手立てのように思える。

Print Friendly

2017年2月25日
by bunbun
0 comments

人は弱音を吐けるから未来が開けるんだよ

人は弱音を吐けるから未来が開けるんだよ




富田 富士也


夫は私の唯一の愚痴のはけ口
大変申し訳無いけれど・・・
日々、共に生活していて
私の心の中を一番分かって
くれていると想像しています。
嫌なことでパンパンになった胸の内は
毒を吐いてペッチャンコに。
全く真剣味のない相談役だけど
弱音が吐けるから
こうして生き過ごせています。

Print Friendly

2017年2月17日
by bunbun
0 comments

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。

他人に変わって欲しければ、

自ら率先して変化の原動力となるべきだ。




ガンジー



どうしてこうなの
あの人は変わるべきだ
反省すべきだと
人のことを非難したくなる
でも、まずは自分が変わってみること
相手のせいにばかりしない
自ら変わって相手に気づいてもらうこと
これは、子育てで私が学習したこと・・・






Print Friendly