楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ。 ウィリアム・ジェームズ

 

 

 

心が風邪を引いてしまった友達のことが
頭から離れず
何か気持ちが晴れるようなことがないか
模索しているところ

笑えない
食べ物の味がしない
底なし沼に引かれていきそうと言っていたけど
私と会話をするとコロコロと笑って
ほっとしたと言ってくれた。

顔の筋肉を笑って動かすことで
脳は楽しいと感じてくれるそうだ

彼女が心から楽しい、HAPPYと感じてくれる時間が
早く訪れることを願う

他は是れ我のあらず

他は是れ我のあらず

自分に与えられた使命は自分で全うする。

私の使命・役目
もう肩の荷を下ろしたいと思うことが多々あるけれど

完結する

母親の役目も仕事も妻業も
キチンとしっかり完結できるよう
まだまだ気を抜かず頑張らねば

ありがとうのひと言がまわりを明るくする。おかげさまのひと言が自分を明るくする。

ありがとうのひと言がまわりを明るくする。
おかげさまのひと言が自分を明るくする。

          臨済宗 松原泰道

ありがとうの言葉は労う方も労われる方も
ほんわか暖かくなるような気がします。
そのありがとうの効果、効能は気が付いていたけれど
おかげさまのひと言が自分を明るくすることは
改めて気づきました。
日々の暮らしの中で人に対しても物に対しても
おかげさまと感謝する気持ち
大切なコトだと思います

年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず

年年歳歳(ねんねんさいさい)花相似たり
歳歳年年(さいさいねんねん)人同じからず

         禅の言葉から

 

意味
歳月の積み重ねが人を作り、
病気をしたり、
老化を過度に心配することはない。
美しい生き方を毎年重ねていくように、
年齢を重ねていきたいものです。

ある頃から誕生日を迎え、ひとつ年を取ることを
重ねると言い始めた。
重ねると言った方が
老いを薄衣でまとったようで
気分がいいのだ。

そして誰しも平等にひとつひとつ重ねていく年齢を
抵抗せず、受け入れて
見栄えも気持ちも
美しく重ねていく努力を
怠ってはいけない・・・と自分に言い聞かせている。

悩みはあって当たり前。それは生きている証拠であり、常に反省している証拠でもある

悩みはあって当たり前。それは生きている証拠であり、常に反省している証拠でもある

                                             松下 幸之助

娘の悩み相談に時間を取られる事が多くなった。

誰しも悩みがあって 
悩みなんてゼロ~と言う人なんてほとんどいない
悩みは普通なんだと話してはみるが
本人にとって 世界で一番の大きな問題のようだ。

悩みがあって 
苦悩して
相手を思いやったり
自分の未熟さを感じる
これが生きるってことなんだよ

それが娘にはまだ伝わらない

とにかく手を抜かない。自分が嫌いになるような生き方だけはしない。その生き方を貫くこと。これに尽きますね。

とにかく手を抜かない。自分が嫌いになるような生き方だけはしない。
その生き方を貫くこと。これに尽きますね。

上山博康

 

毎日、目覚めた時に爽やかな気持ちでありたい。
自分で反省や後悔、心に引っかかるものがあったら
そんな朝は迎えられない。
生き方に手を抜かない。
まわりと共生して生きていく
小さな事に手を抜いてはいるけど
生き方だけはいい加減にしたくない。

人生は楽ではない。 そこが面白い

人生は楽ではない。

そこが面白い

          武者小路実篤

思わぬところで失敗して
気持ちがどん底沈んだり
傷ついたり
人生は色々、いろいろあります。

面白いと感じる域までは達していなけれど
これが人生なんだなと思えたら
少し、ホッとします。
誰もがそんな風には見えないけれど
そんな思いをしながら生きているのですから

神は超えられない試練を人には与えない。

神は超えられない試練を

人には与えない。

東欧ユダヤ社会のことわざ

悲しくて
どうして私だけが
なぜ、困難なことが積み重なって
やってくるの・・・と
叫びたくなる時ってある。

超えれる人にしかやって来ない試練

やってやろうって思う

人間は変わるのが当たり前

変える勇気を持つためには、「人間は変わるのが当たり前」という意識を
持つことも大切。「変わるのが当たり前」と考えていれば、
必要以上にショックを感じることもない。
「それならどうすべきか」とすぐに対応できる。

工藤公康

 

伝統を重んじながら変化に対応する
社会の変化の流れに対応する
親子、夫婦の成長に自分自身が変わっていく
簡単なようで難しい
自分が変わるのではなく
廻りが変わるのを待っていては
置き去られてしまう
変化を怖がっていては
乗り遅れてしまう

勇気を持って
意固地にならず
変化してみるのも生き抜く術かもしれない

基礎工事を軽んじた建築物は崩壊する。

基礎工事を軽んじた建築物は崩壊する。

マキャベリ

 

子育てに悩んだ時に

子育ての基礎工事の時間を
しっかりスキンシップして
しっかり教育した子供は
少しくらい道を反れても
修復ができる
服装や髪型が親が思うモノでなくても
それは季節ごとに絨毯やカーテンを変えるように
変化していくと・・・
基礎は出来上がった後ではどうにもならない
と教えられた。
子育てに限らず、基礎は大切なものである