桜の樹は365日待っている

桜の樹は
365日
待っている。

              (玄秀盛:「玄理玄則」より)

花を咲かせる10日くらいのために
さくらは一年待っているのです。

寒くても暑くても生き抜いて
春には花を咲かせてくれます。

順調にいかない
辛い
悲しい・・・

人生いろいろあるけれど
じっと耐え 淡々と生きることで
また 花が咲く頃がやってきます

そんな言葉でしょうか・・・

明日、父が10年持ち続けた心臓の大動脈瑠の手術に臨みます。
心の片隅にいつもいた爆弾
高齢にもかかわらず、医師も果敢に挑んでくれます。
そしてこの残されたチャンスに父は望みを掛けます。

10年間で医療は凄い勢いで進化して
このチャンスを迎えられました。

じっとじっと待っていた父に桜の花が咲くよう
祈るばかりです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です