身心脱落

身心脱落(しんじんだつらく)

心があたたまる禅の言葉から

身心脱落とは座禅を重視する道元がすべての束縛から解き放たれ
悟りの境地に達した日、師に告げたもの
身も心も澄み切った境地を表現したもの

以前、冬の寒い朝、京都の建仁寺で座禅体験をした。
明け離した室内は吐息が白く見え、
靴下と防寒着は脱ぐようにと言われ
震えながらの座禅だった。
身も心も震え、何分立っただろうか
無心とはどうしたらいいのか ふつふつと考え事が浮かび
落ちつかない40分だった。

たまには静かな場所で
瞑想をする。
そんな訓練を重ねると
心も身体もスッキリと解きほぐされる様に
なるのかもしれません
まさに修行です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です