人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。

- シェイクスピア -

100キロウオークに参加した時
本当に歩けるかという不安はあったが
夫と共に楽しかったのだ、
21時間ほどの道のり
眠かったり、寒かったり、
当然どこかしら痛いのだけれど
楽しかったのだ。

そんなことを振り返ると
どんな事があっても受け入れ
心を動かさない鍛錬
自分の人生は常に明るく楽しい時間であるように

心の持ちようでうまくいくような気がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です