なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない

なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。

出典:George Eliot (Author of Middlemarch)

 

なりたい自分は 刻々と変化する。                    それは年を重ねて いろんな経験をしていろんな角度から世の中を見て    変わっていくものだと思う。                        やりたいこと、チャレンジしたいことが多くて               その都度 素敵な人にも出会うことができ                 いくつになっても                             理想、目標はあるべきだ!と思っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です