年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず

年年歳歳(ねんねんさいさい)花相似たり
歳歳年年(さいさいねんねん)人同じからず

         禅の言葉から

 

意味
歳月の積み重ねが人を作り、
病気をしたり、
老化を過度に心配することはない。
美しい生き方を毎年重ねていくように、
年齢を重ねていきたいものです。

ある頃から誕生日を迎え、ひとつ年を取ることを
重ねると言い始めた。
重ねると言った方が
老いを薄衣でまとったようで
気分がいいのだ。

そして誰しも平等にひとつひとつ重ねていく年齢を
抵抗せず、受け入れて
見栄えも気持ちも
美しく重ねていく努力を
怠ってはいけない・・・と自分に言い聞かせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です