伝えたい心に残る言葉

人間三百六十五日、何の心配もない日が一日、いや半日あったらそれは仕合せな人間です

| 0 comments

人間三百六十五日、
何の心配もない日が
一日、いや半日あったら
それは仕合せな人間です

               太宰 治



次々に気になる事や
小さな心配が沸々と湧いてくるのは
私だけ・・・
娘達も楽しい毎日の中にも
色々な事柄に落ち込んだり
悩んだり

隣の芝生は青いとは良く言ったものです
みんな誰しも心配事を抱えながら
平気な顔をして生きています。


Print Friendly

こちらの言葉もおすすめです

コメントを残す

Required fields are marked *.