父母兄弟の間愉色 婉言

父母兄弟の間愉色 婉言

超訳 菜根譚 人生はけっして難しくないより

おだやかな顔とやさしい言葉をつねに保つ

フラは常に笑顔で踊る
フラを心からあふれ出るような
笑顔で踊っている人を見ていたら
私自身もその笑顔が連鎖してくるのだ
そんな経験を踏まえて

いつもの生活にも口角を下げることなく
夫との会話にもやさしい対応を
心がけるようにしている。
心がけて実行すれば相手も優しくなり
私自身も優しい言葉をもらえる
夫婦は鏡だと言われたことがある
こちらが怒りの顔をすれば
相手の顔も怒りの顔が写る
自分の穏やかな生活は
自分自身で努力することによって
得られるものだと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です