悲しみを受いれるとき 


悲しみを受いれるとき 

苦しみを受いれるとき

 「受いれる」ことの本当の価値を知る

受いれる すると優しい気持ちに還る 

受いれる すると自分の根にある明るさに気づく
加島祥造さん

理想を持ち、目標を掲げて、
理想の私であるため、
そうでない私、他人をも拒否する。

そんな窮屈な事に疲れて
相手を許し、相手を尊重すること、
どんな自分も好きであることを
目指しています。
許すことって負けることではなく
どんな状態でも優しく受け入れること
これは、子育てで学びました。

こんなダメ母でも優しく受け入れてくれる娘
こんなダメ母も私自身が許そうって

どんな娘でもあっても
理想から外れようとも
かけがえのない娘、大切な娘
全部、受け入れなくてはって

自分自身が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です