和を以って尊しとなす

和を以って尊しとなす
聖徳太子

聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉。

人々がお互いに仲良く、調和していくことが大切であるという教え。
体裁だけ取り繕ったものではなく、自分にも他人にも正直に、
不満があればお互いに話し合い、理解し合うということが
大切。

小さな税理士事務所でも
意見が違えばトコトン意見をぶつけ合い
納得できるようなやり方をみつける。
お互いに気持ち良く仕事が出来るよう
思いやりを持ちたい。
大昔から大切な事って語り続けられるものなんですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です