年をとると、人は自分に2つの手があることに気が付きます。

年をとると、人は自分に2つの手があることに気が付きます。ひとつは「自分を助ける手」、もう一つは「他人を助ける手」なのです

オードリー・ヘップバーン

昨日、たまたま立ち寄った来年のカレンダーコーナー
目を引いたオードリー・ヘップバーンの特大カレンダー
あまりの美しさに見とれてしまいました。

彼女の代表作『ローマの休日』の表情も大好きですが
引退して晩年、国際連合児童基金(ユニセフ)のユニセフ親善大使に就任し、
内戦の続いている都市にて子供たちに暖かい笑顔を見せていた彼女の
しわの入った、歳を重ねた表情も好きです。
愛溢れる人は歳と共に素敵な表情になっていくのでしょう。

考えられないような自己中心の犯罪が多い世の中
人には他人を助ける手が備わっていることを
感じてほしい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です