災難は、人間の真の試金石である。

災難は、人間の真の試金石である。

ジョン・フレッチャー

 

不注意で手の指を切ってしまい
3針縫うこととなった

痛みとどこにぶつけようもない苛立ち

でも、
年明けからバタバタしていた私に
落ち着け!と警鐘を鳴らしていたのかもしれない

昨年末は車の運転中に
横から追突される災難

この忙しい年末にと腹立たしかったけれど
相手がキチンと対応してくれて
キチンと保険に加入していてくれて
不幸中の幸い

この小さな災難も厄払いと思えるようになった。

災難も気の持っていきようで気持ちが楽になる
試されているのかもしれない。

新しい年です。不幸な出来事は過ぎ去り、素晴らしい出来事だけが増えますように

新しい年です。不幸な出来事は過ぎ去り、素晴らしい出来事だけが増えますように

エメリヤーエンコ・ヒョードル

新しい年2018年を迎えて
心新たに・・・思う
ん?お正月とか誕生日だとか
節目節目に心新たにと心を入れ替えるけど
そりゃ、ちがうだろ

日々・いつも
朝が来れば、清々しく
心新たに
覚悟を持って
大切な一日を動き出さないといけないと
思うのであります。

今年は喪中だったので
初詣は我慢
その代わりに
ここで!!
今年は楽しいこと、素晴らしい年が
行列をなしてやってきますように
願うばかりです。

その日その日が一年中の最善の日である。

その日その日が一年中の最善の日である。

エマーソン

今年もあと2日
カレンダーを2018年に変えていたら
一年カレンダーが表紙に入っていました。

意外に一年分って一覧にしたら
あっという間
春夏秋冬を忙しく、肌で感じながら
過ごしている様に感じます。

年齢を重ねるとどんどん早くなる一年と言う周期

泣いて過ごしてもダラダラ過ごしても
楽しく過ごしても同じ一日

だからこそ、毎日を最良の最高の日として
過ごさなければいけない
大切な一日なんだから

さて
毎週続けているこの場所
こうして1年、続けられたことにほっとしています。
ありがとうございました。
今年は大変な事も嬉しい事もありました。
それでも職員一同、元気いっぱいで 家族も元気で
終われることに感謝です。
皆様にとって来年も明るい年でありますように
どうぞ、良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。

戦いに勝つのは、必ず勝とうと堅く決心した者だ。

戦いに勝つのは、必ず勝とうと堅く決心した者だ。

トルストイ

 

受験勉強真っ盛り
眠気との戦い
娘の受験期を思い出す

志望した学校に入るんだ
学校へ通学する道を想像して
地下鉄の駅を思い浮かべて
その思いは熱かった。

絶対、合格するんだと言う信念が
色々な雑念から逃れさせ
戦いに挑ませたのだろう。

必ず合格する
必ず勝つのだ
強い気持ちを持って頑張れ受験生

歩く足には棒当たる

歩く足には棒当たる

 

 

犬も歩けば棒に当たるという言葉はよく聞くが
歩く足には棒当たる・・・これは、まさに今回の
私の事
ひょんな事で車で走っている最中
横から追突されました。
この年末の忙しい時に。。。。と
一瞬、怒りがこみ上げてきたけど

毎日、チョコチョコ車を運転して
時には娘達と遠出したりと車を動かす時間は長い中
災難の回数としては少ない方なのかもしれない。

考えようによっては
厄を払って気分良く再出発
何かのきっかけで 幸せが舞い込むかもしれない。

この言葉の意味の中に
家にひっこんでいたのでは、
大した生き甲斐も生まれないという教えがある

そうそう、災難も嬉しいことも外に出て行かなければ
遭遇しないのだ

自分自身を裏切らない努力の姿勢が、未来の結果として現れてくる 

自分自身を裏切らない努力の姿勢が、未来の結果として現れてくる 

 羽生 善治 

 

初の永世七冠(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)を達成。
さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持は史上初

永世七冠を達成した翌日の新聞に夢ではないかと
自分自身を疑ったくらいの夢のような気持ちだったと

努力を重ねて 力強い自信に後押しされた結果が
この素晴らしい永世称号を勝ち得たのだろう
この努力を突き動かす原動力は何なんだろう
やる気スイッチはどこで備わるんだろう
凡人はそんなところが気になってしまう。

希望をもって忙しく

希望をもって忙しく

ルイ-・ザ・メイ・オルコット 

 

目標を常に掲げていないと
力が湧かない。
心が沈んでしまう。

忙しさの中に
嬉しいことやウキウキすることがなければ
心をすり減らして疲れ果ててしまう。

忙しいと愚痴をこぼさず
楽しい忙しさも織り込めて行くのが
上手な生き方なのかもしれない。

人生は、毎日がスタートライン

人生は、毎日がスタートライン

燦燦ーさんさん の中から

年齢を3で割ると
1日を人生で例えられるという。

50歳を過ぎると
何とも終わりの方が近くて
悲しくて、そんな計算はしたくない。

毎日、朝のフレッシュな気持ちで
今日も1日が始まる
頑張らねばーと自分を鼓舞できる、日々、新しい自分でありたい

失敗したことのない人間は成功することもない。たゆまざる挑戦が成功につながるからだ。

失敗したことのない人間は成功することもない。たゆまざる挑戦が成功につながるからだ。

カール・ルイス 

 

フィギュアスケート・NHK杯9日の公式練習中に
負傷した羽生結弦の欠場が決まった。
今大会に前人未到の5連覇が懸かる12月の
GPファイナル進出が懸かっていたが、
可能性が消滅することとなった。

たくさんのファンの期待を背負って
そして5連覇という大きな目標を掲げて
重いプレッシャーの中、今まで頑張っていたはず。
泣かないで。失意のどん底でしょうが、
治療に専念して下さい。
オリンピックでその思いは果たして欲しい。
今は、怪我を治され 挑戦への意欲を
高めることが大切です。

生きるということは、死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、与えられた才能や日々の仕事に努力しつづけることです。

生きるということは、死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、与えられた才能や日々の仕事に努力しつづけることです。


瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) 

 

学習院大名誉教授の篠沢秀夫さんが26日亡くなられた
筋萎縮性側索硬化症と診断されるも闘病中も自宅で療養を続け、会話が筆談になりながらもパソコンを使って執筆活動は続けられていた。
その様子を映像で拝見しながら、ご自身の可能性をあきらめず、努力される姿に教えられたような気がする。
生きるとは、どんな状況にも屈せず、人生を生き抜くこと。
でも容易いことではない。