会社の役員又は使用人が死亡した場合の社葬費用について

会社の役員又は使用人が死亡した場合の社葬費用はどのように取り扱われるのでしょうか?

法人が、その役員又は使用人が死亡した為社葬を行い、その費用を会社で負担した場合において、その社葬を行うことが社会通念上相当と認められるときは、その負担した金額のうち社葬の為に通常要すると認められる部分の金額は、その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入することができます。また、会葬者が持参した香典等については、法人の収入としないで遺族の収入とすることができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*