会社員で副業をしている場合の確定申告について

私は会社員で副業として在宅ワークをしています。
在宅ワークで得た収入が50万円(給与としてではない)であり、その経費は20万円です。
このような場合でも所得税の確定申告しなければいけないのでしょうか?

会社員の副業による収入(給与としてではない)は雑所得に区分されます。
その収入金額から必要経費を差し引いた金額、つまり所得金額が20万円以下の場合には
申告する必要がありません。
20万円を超えると申告が必要になります。
よって質問の場合の雑所得金額は、50万円-20万円=30万円であり、
20万円超となるので確定申告が必要となっています。
ちなみに会社員の副業を給与として受け取っている場合には、給与所得となります。
この場合は2カ所以上から給与をもらう人にあてはまり、確定申告が必要になります。
なお、副業の雑所得が20万円以下の場合、申告義務はありませんが、ケースによっては申告した方が有利なケースもあります。

消費税率は現在の5%から、平成26年4月1日以降8%、平成27年10月1日以降10%と二段階で引き上げられることとなります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*