備忘価額を残すことの必要性と貸倒処理

当社は、取引先A社に対し売掛債権を有していますが、A社は急激な業績不振に陥り、売掛債権については回収できない状態になっています。
その後取引の停止を行いましたが、1年以上経過した現在まで何ら弁済が行われていませんので当期売掛債権について貸倒損失を計上したいと思います。
この場合において、貸倒とする金額は、必ず備忘価額を残した金額でなければならないのでしょうか?

備忘価額を残すことは、その売掛債権を帳簿上管理することであり、その取引停止以後1年以上を経過した場合の貸倒処理を行う場合の絶対的条件となります。

解説 
売掛債権の帳簿価額が解消されるまでは、備忘価額を付すことによって個々の債権として管理し、その後の回収処理あるいは貸倒処理の推移が明らかになるようにしておく必要があります。
したがって、質問の取扱いにおいて、貸倒処理に当たり、備忘価額を付して帳簿に計上することが重要な条件とされており、この条件を満たさない貸倒処理は当然認められないことになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*